外壁塗装をする際は色を慎重に選んでいくことも大切です

並んだ一軒家

トピックス

一軒家

外壁塗装を行う前の注意点

外壁塗装を行う時にはご近所との関係はとても気にしとかなくてはいけません。といいますのも、外壁塗装を行うには足場というのを立てないといけませんが、その足場は…

詳しく読む

家とビルの街並み

神戸市の我が家で初めての外壁塗装

神戸市にある我が家は築15年の戸建てです。最近、外壁を触ると、白い粉のようなものがつくようになりました。チョーキング現象というものです。これが見られると、…

詳しく読む

大きな家

外壁塗装の営業の言葉は気にしない事です

外壁塗装の会社は外壁塗装を売るのが仕事で、そうしないと商売にならないのです。なので、どうしても外壁塗装をしてもらうように営業をするしかないのです。…

詳しく読む

庭付きの家

ご近所さんの事も考えられる外壁塗装屋さん

外壁塗装は自分の家の事だけと思う方がいらっしゃると思いますが、住宅街の中に自分達の家が建っていたりするとご近所さんにけっこうご迷惑をかけるので、そのあたり…

詳しく読む

外壁塗装する色は慎重に選びましょう

家のイラスト

外壁塗装は時期や価格などを重視する事が多いですが、外壁塗装する色も慎重に選んでいく必要があります。カタログとかでこの色がいいなという感じで選ぶ人も多いですが、カタログで見るのと実物を見るのででは色合いが変わってきてしまいます。そのため外壁塗装をした後に後悔してしまうケースも少なくありません。外壁塗装する色を決める時も時間をかけてもいいので、慎重に選んでいくようにしましょう。
塗装する色を選ぶ時は、まずカタログで見て判断すると思いますが、カタログと実物では大きさが違ってくるのでイメージも変わってきてしまいます。小さい方が暗く感じるのでカタログえ見る方が当然暗い色合いになってしまいます。そのため、カタログで少し暗い印象があっても実物だとちょうどいい色合いだという事も少なくありません。外壁塗装する色を選ぶ時は、大きさを考慮して選んでいく事が大切になってきます。
サッシ枠などアルミになっている部分は、外壁塗装が出来ないので、その辺りも考慮して塗装する色を決めていく必要があります。サッシの色は基本的に黒、白などシンプルな色で統一されているのでそれに見合った色を選ばなくてはいけません。何も考えないで外壁塗装してしまうと、塗装終了後に違和感を感じたりして失敗したと感じてしまう場合もあるので注意しましょう。

外壁塗装の色における注意点

外壁塗装はかなりの費用がかかるため、一度塗ったら色はしばらく変えられません。そこで色に関する注意点をいくつか挙げたいと思います。
まず、白や黒といったものはよく見かけますが、実は汚れが目立つのであまり外壁塗装には適していません。他にも赤や青といった濃い原色系は紫外線に弱くなりやすいので経年劣化によって色が薄くなっていくのが目立ってしまいます。あまり派手だと周囲から浮いてしまうこともあり、劣化しにくく、劣化がわかりにくいグレーやベージュといった彩度の低い色がおすすめです。
次に大切なのはあまり多くの色を使わないことです。多くの色を使ってしまうと統一感に欠け、品が悪く見えてしまう恐れがあるので、単色が最も無難で、使っても2~3色にとどめ、調和が取れる色にするべきです。
少し希な注意点だと、市区町村には景観ガイドラインというものを定めている場合があります。これはその地域の景観を損なわないために外壁塗装の色に一定の決まりが定められているものです。有名なところでは、京都ではコンビニの色がそれぞれの特徴的なものではなく、茶になっています。
このように場所によってそのような決まり事があることがあるため、確認することも大切です。

外壁塗装にも種類があります

外壁塗装というのは一般的にはローラーといわれているもので塗っているイメージがありますよね。ですが、外壁塗装の中には吹付け塗装というものもあるのです。石材等の場合は吹き付けになる事が多く、ムラになりやすく技術的にも高度な技術が必要とされています。なので、もし吹付け塗装を行う場合には十分な技術があるのかをしっかりと確認をしましょう。
そして、吹き付け塗装を行う時にはもう一点注意をしないといけません。それがスペースです。吹き付け塗装は、一般的なローラー式の塗装よりも機械を使用して吹き付ける為、どうしてもスペースを必要とします。なので、隣近所との家の間が狭い場合は注意が必要です。吹き付けができない可能性があるのです。一応、吹き付けの塗装もローラーで塗装する事もできるのですが、石材等の塗装を選んだという事は見本の板や写真等でその塗装の完成図を見て決めたと思いますが、吹き付け塗装の魅力は吹き付けでないと出ません。無造作で自然体の塗装が魅力でもある吹き付け塗装がローラーで普通の塗装に見えてしまうのです。
石材等は一般的なペンキの外壁塗装に比べても高額な場合も多く、折角高額な金額を出しているのに見本と同じにならないというのは悲しい事なので、しっかりとスペースが取れているのかを契約前にちゃんと確認しましょう。

新着情報

2016/05/13
ご近所さんの事も考えられる外壁塗装屋さんを更新しました。
2016/05/13
外壁塗装の営業の言葉は気にしない事ですを更新しました。
2016/05/13
神戸市の我が家で初めての外壁塗装を更新しました。
2016/05/13
外壁塗装を行う前の注意点を更新しました。
TOP